展覧会概要

展覧会概要

ごあいさつ

楽しい夏休みがやってきました。今年の夏は昆虫をじっくりと観察してみませんか?

昆虫は全生物種のうちおよそ6割を占め、世界から約100万種が知られています。昆虫の多くは小さな生き物ですが、地球上のあらゆる環境に生息しており、その形や生き方も様々です。今回の「大昆虫博」では、色々な形態や生態の昆虫や、クモやサソリなどの昆虫に近いグループを紹介します。身近な生き物であり、地球上で最も繁栄している生物のひとつである昆虫の魅力を楽しんでいただき、昆虫のすごさを知っていただくことが今回の特別展のテーマです。

大昆虫博は、世界から集めた珍しいチョウや、カブトムシ、クワガタムシなどの一万点を超える標本を展示しています。それに加え、生きた水生昆虫や葉っぱそっくりのコノハムシ、さらにはクモの仲間のタランチュラやサソリまで沢山の生体展示とあわせ、日本最大級の昆虫展です。特別協力の北九州・魚部による水生昆虫展示「魚部室@ヒメドロムシとゲンゴロウ展」では、身近でありながら見過ごされがちな水生甲虫、ゲンゴロウとヒメドロムシを中心に紹介いたします。様々なゲンゴロウやヒメドロムシの違いや大きさ・小ささを体感しながら、間近でじっくりご覧いただける貴重な機会です。圧倒的な数の虫たちを通じて、その多様な世界と不思議な魅力をお楽しみいただくことで、皆様と身近な自然環境をつなぐ架け橋となることができましたら幸いです。

今回の特別展では、主に岡野喜久麿氏、磯貝島根氏、上田將人氏が生前集められ、当館に御寄贈いただいた貴重な昆虫コレクションを展示しています。北九州・魚部の皆様には魅力的な水生昆虫の展示でご協力を賜りました。心から御礼申し上げます。

大昆虫博実行委員会 委員長
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館) 館長
上田 恭一郎

開催概要

展覧会名 いのちのたび博物館開館15周年記念
夏の特別展「大昆虫博」
会  期 2017年7月15日(土)〜2017年9月3日(日)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休 館 日 会期中無休
会  場 北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)
〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1 TEL.093-681-1011
料  金
【セット券】
常設展+「大昆虫博」
大  人:1,100円(1,000円)
高・大生:700円(640円)
小・中生:500円(460円)
「大昆虫博」のみ
大  人:800円(640円)
高・大生:500円(400円)
小・中生:400円(320円)

※( )内は、団体30名以上のお一人様料金です。

主  催 北九州市立いのちのたび博物館、毎日新聞社、RKB毎日放送
後  援 福岡県教育委員会、NHK北九州放送局
特別協力 北九州・魚部
特別協賛 全労済福岡県本部
協  力 ビッグベアーズフーヅサービス